容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

ホームページ作成群馬

  1. 2011/11/27(日) 01:30:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
東日本大震災:野生動物も放射性物質汚染か 懸念抱え、狩猟解禁 /群馬

自粛広がると農作物被害拡大−−初日500人、昨年比242人減
 11年度の狩猟が15日解禁された。県によると、初日の入猟者は500人で、昨年の解禁日(月曜日)よりも242人減少した。今年は東京電力福島第1原発事故による放射性物質汚染が「野生動物にも及んでいるのでは」と懸念する声もあり、一部の狩猟者が猟を自粛することも想定される。ただし、イノシシ猟などの自粛は農作物被害を拡大させる恐れもあり、県は今後の狩猟動向を注視する方針だ。【庄司哲也】
 狩猟関係者が危惧するのは捕獲したイノシシなどの肉の利用だ。食肉の放射性セシウムは暫定規制値が1キロ当たり500ベクレルで、県内では今のところ上回った例はないが、前橋市で捕獲されたニホンジカから同482ベクレル検出されている。県猟友会は、ホームページなどで「県内では暫定規制値を超えるものはありません」と呼びかけるなど不安払拭(ふっしょく)に懸命だ。
 一方、県内ではニホンジカやイノシシなどによる農林業被害が年間数億円に達している。特に生息域が広がりを見せているニホンジカは捕獲頭数制限が年々緩和されている。1人1日の捕獲頭数はオス1頭に制限されているものの、メスは「制限なし」。イノシシは県の適正管理計画で年7500頭の捕獲目標が掲げられているが、10年度の捕獲は6300頭前後にとどまっている。ニホンジカ、イノシシともに捕獲が減少すれば、生息数が増えて田畑が荒らされる被害の増加が懸念される。
 県は「野生動物の食害対策は、総合的な管理が求められており、狩猟による捕獲も含めたバランスが図られるのが望ましい。今後の推移をみていきたい」と話している。
 狩猟期間は来年2月15日まで。ニホンジカとイノシシ猟は銃と網による猟が2月29日まで、わな猟は3月15日までになっている。

ホームページ作成冷え性

ホームページ作成ボディケア

ホームページ作成補正下着

ホームページ作成ヌーブラ

ホームページ作成ガードル

ホームページ作成補正ブラ

ホームページ作成キャミソール

ホームページ作成口臭対策

ホームページ作成香水

ホームページ作成ヒアルロン酸

<<  ホームページ作成群馬 Apple、第3四半期の売上が市場予測を下回る  |  ホーム  |  ホームページ作成群馬 おいでちゃん:水上温泉マスコット、特別住民票交付 /群馬  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://homegm.dtiblog.com/tb.php/7-c5ade7d0

DTIブログって?